叶えるためにココにきた!田舎暮らしin南アルプス市

2018年7月から南アルプス市の山の方へお引越。自分のためを考えてから人ことを考える。そのための田舎暮らし。


スポンサードリンク

26日目。少しずつ南アルプス市に近づいています。食育ってどうよ?


スポンサードリンク

少し残った荷物が南アルプス市に移動し始めました。

それと同時にしたいことがいっぱい出てくる。

最近思うのが、過去に子供たちは地元産業で楽しめました。

笛吹市に住んでいる時、専業農家をしていました。果樹の。

そのとき、子供の通う保育園の子供たちの何処かは市外から県外から笛吹市にきた関係で

桃狩りや葡萄狩りはした事なかったんです。

桃は桃の毛でかゆくなってかぶれてはと思い、葡萄はどうかと思って畑を新しく作りました。

その途中で私は甲府に戻ってしまったので夢は実現できませんでした

今また感じる。

食育とはただえられたものを調理した学ぶのではない直接感知事が大切なのでは

仮にピーマンが苦手でも育てる大変さしさを知ったようにだろうと?

子供たちはいろいろな刺激を受けて持ちます。それに応える環境があったなら彼らの未来は

素晴らしく輝くだろう。

その手助けの一つで食育も夢も手助けできないかと思っています。

とりあえず何を作るろう。この時期だら限られているので楽しくなりますよ。

遠方でも最初の苗植えなどできればあとはこちらでやっても良いのかなと。

こちらからもやりたいと思う人、協力して下さる方にしたらご連絡ください!

やりましょう。面白い事。

ワクワクしてこそ人生だ!

あ、引っ越しは少しづつ頑張ってますます。