マサッチ@41歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

実は知らない。それだけ世間は無意識、無関心。

「実は知らない。それだけ世間無意識無関心。」

 

南アルプス市中野に引っ越してきて2ヶ月過ぎました。

こちらが思う以上に多くの人は僕の存在は知っているでしょう笑。

 

なぜか、

 

発信したから。

 

でも、僕は近所の人や関わったことのある人以外は顔ぐらいはわかっていても名前までは知らない。

 

発信されてないから。

 

別にそこはおいおい何かで関わっていけば自然と名前は覚えていくでしょうから、そんなに深刻には考えていません。

 

どんな発信をしたのか?存在をしってもらうための行動とでもいうのか。それらに必要なひとのところへ行く。必要な場所へ行く。

 

実は、これって仕事の上でも同じことが言える。

 

同じ地域だけど、道1本違ったら相手の顔はわかるけど、どんなひとかまでは知らない。そんなことは当たり前にある。

 

それと同じように、あなたの製品をいつも利用していても実際どんなひとが作っているのか知らない。知る必要がないとでも言った方が正しいかもしれない。

 

それだけ、知らないし無意識、無関心のなかで世間は動いているということ。

 

何をしたら変わるのか?発信かなと思います。

 

僕の例で言えば、今の地域に住む前から人に会い、存在を出すことを繰り返してきました。だからはじめて会った人にもこんなことをしているというと「あー自転車のひと」となる。

 

それってすごく大切なこと。

 

それらを変えるのが本当に楽しい!

 

だからこそ「ma6」プロジェクトをやろうと思ったのです!