マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

2:6:2

もう結婚しないの?と親友に聞かれる。



ご縁があればするかもね。



その冷たい答え方に親友は「どうした?なんかあったのか?」と聞かれこう答えた。



「最近、何人かの女性を紹介してもらって会って話をした。離婚歴と子供がいることを伝えたらいきなり態度がよそよそしくなりそのままフェードアウトだよ…」


以前もその二つのことを言っては、音信不通となる女性は何人もいた。


過去は変えれないし、そこをどうのこうのと言われてもね。無理な要求だよと。


そんな親友も実はバツ2…今は3回目の結婚をしている…


だからこそ。僕の話にすごく理解を示してくれる。



その答えを聞いて親友は、こう話をする。

「じゃあさ、俺らみたいに2回離婚しているのもどこか問題はあるのかもしれない。けれど俺みたいに3回目の結婚をできたものもいる。逆に同じ歳で結婚もしてない。ましてや付き合ったこともない奴のほうが問題あると思わないか?だってうちらは離婚歴と子供がいたのにそれでも結婚ができただろ!」



確かに…そこ大切だよな。親友はいつも切り口を変えて僕の悩みを小さくしてくれる。


間違いなく親友の話には説得力がある。


その後は、ご想像以上に二人で言いまくる!



聞きたいですか?



やめた方が良いですよ!



それでも聞きたい?



では、ちょっとだけ。






過去にこだわる人は今を見てない人。そんな人は比較ばかりしたい人。そして、結婚したくてもできない人は口で言うほど行動しないで他人のせいにばかりしている人。好きなら行けよ。


世の中の2割の人間しかお前のこと理解してくれないんだからさ。


あとの6割なんか適当に付き合っていけばいい。


2割は、お前のこと嫌いなんだからほっとけばいい。


行動してれば、気づいた時にはその2割の人ばかりに囲まれて幸せになるんだから。


などなど…笑


婚活もいいけど、もっとやることあるでしょと親友曰く思う。受け身ではなく是非自分から!


今から山の方に入ります!林道?の方へね!鹿に襲われないように!



もし、このまま連絡なかったら是非探しに来てね!絶対だよ!



あースッキリした!