マサッチ@左利きフリーランス 〜田舎で稼ぐ〜

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

色とボク

今の仕事をしてから意識的に色を見るようになったと思う。


色を扱うということだけではなく、色との物語を見るように


感じとるようになったのだと思う。






色褪せた看板も、ただ褪せただけを見れば古いとか寂れたなどと思う人もいるだろうけど


歴史の流れ、物語と捉えれば敬意を払うべきものとなる。


今日は、あいにくの雨ですが、


そこにももちろん色がある。




僕にとっては、大切な存在。




ガヤガヤと看板が並んでいるところでも、そこには様々な色があり、存在感を出している。


昔は、同じ色をしないといけないと感じたこともある。


今は、色と深く関わることで、他とは違うことも大切だと知った。


そして


人によって表現する色が違うようにまた、人によって他を色で表すと違う色となる。





今の生活には色がある。


さまざまな色がいくつもあり、色が重なりあったり、離れたり、


時には色が変わったり。


面白い。


僕は、何色に見えるのか…


そう思うとまた、面白い。




僕が色に興味をもっているように、子供たちはもちろん、大人たちもいろいろなことに関心を持ち、未来を自分から変えてほしいと思う。


今日。この日。


見上げる空は同じでも


見えている色は違うのだから。





見えている色に興味を持ち、一歩でも半歩でも前に進むことを選んでほしい。


怖かったら、誰かに支えてもらいながら進めばよい。


いずれ、自分だけで前に進めるようになる。


自分の未来を変えるのは、自分だけなのだから。