マサッチ@左利きフリーランス 〜田舎で稼ぐ〜

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

僕から見た・・・金丸文化学園って

僕が金丸文化学園を知ったのは、ここ半年くらいだと思う。

 

はじめは、仲間同士のコミュニティーとしてここがあるのかなと思っていた。

 

だから疑問符がつくことが多かった。

 

何のための集まり?何のための企画?って。

 

 

 

はじめて金丸夫婦と会ったのは、金丸夫婦からの直接なお誘いからではなかったからかも。

 

 

 

ただ、今でもこれからも印象的なのはご夫婦の笑顔と対ひとへの態度。常にその人の良さを、その人の求めるものを引き出す能力。

 

僕は、はじめすごく人だなと思いました。

 

今は、すごく強い人!

 

(人ひとりでは弱いけど、金丸夫婦のもとに集まるひとがいるから強く見えるのかな)

 

 

 

金丸夫婦はじめ、そこに集まる多くに人は同じように感じるのだと思う。

 

先日も隣町の上鶴さんと金丸さんと3人でお会いしたときも、

 

いろいろなことにアンテナを張っている姿勢を目の前で感じたとき、すごいなこの人。

 

見習うことばかり。

 

 

 

その姿勢が人を引き寄せるんだと思う。

 

 

金丸文化学園で僕は多くの人と出会い、多くのことを学んだ。これからもそれは変わらない。

 

 

金丸文化学園は、学園というから子供たちのためだけと思っている人も多いのかもしれない。

 

 

実はそうではなく、大人のためでもある。

 

 

今はネットの普及とSNSでつながり遠くの人とも安易に連絡が取れる時代。

 

 

だから僕のFacebook上の友達の中には会ったことがないひとがいるのは事実。

 

 

でもここにはデジタルでつながったひとがアナログで会える場でもある。

 

 

ここで多くの仲間ができ、うちの田舎にいっぱい友人が訪れてくれる。

 

 

ありがたいことでもある。

 

 

 

 

先日の新米おむすび会でもはじめてこちらに来た女性がドキドキしながら入ってきて、

 

 

はじめはド緊張だったのだが、金丸夫婦をはじめ笑顔での出迎え優しい対応で気づいてみると女子会のようにワイワイやっていた。

 

 

ここは間違いなく、大切な場所になる。

 

 

そう思うのは僕だけではなく多くの人が思っていることだと思う。

 

 

そこでお力を貸していただきたい。僕にではなく。この場所に。

 

 

多くの人が訪れることで必要となるものが多い。

 

 

だからその一部を是非・・・

 

 

こちらはクラウドファンディングのリンクです。

camp-fire.jp

 

えーと思ったのであれば、一度ならず何度か足を運んで実際のイベントに参加してみたらその素晴らしさがわかると思います。