マサッチ@左利きフリーランス 〜田舎で稼ぐ〜

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

小説って書く人の凄さを知る

さっき、車を走らせながら思っていた。

 

主人公となるモデルをつくりあげていくこと。

その主人公の背景となるストーリー。

主人公を取り巻く環境。

主人公と出会うひと。

主人公と出会ったひととのストーリー。

出会った人のモデルつくり。

出会った人のストーリー。

 

そして一番最初に悩んだのが「名前」

 

最初はイニシャルでいいやと思ったのだが、ずっと書き続けていたら間違いなくイニシャルは足りない。日替彼女なのに最大26人ってダメだろって話になる。

 

ただ、実際僕と関わる人の名前は避けたい。(いつかは出てくるだろうけど)

 

文章書いて飯喰っている人ってすごいというしかない。

 

もう心折れそうにもなるけどね。

 

それに本来の書き方とは違うかもしれないけど、はじめ書き始めた文中も途中で文章を加えたり変えたり。

 

するだろうな。

 

理由は、言葉からのリアルさやまだモザイクがかかったような登場人物がはっきりしてくるならそれは加えていきたいということ。

 

そして、どのタイミングかはわからないけどまとまってどこかに書いていく場所を作っていくのでこのブログから姿を消し、どっかへ行く可能性もある。

 

本にはならない小説のようなものかもしれない。

 

別に作家を目指しているわけではないしただ、頭に浮かんだものを書いていきたいと思っているだけ。

 

とりあえず「日替彼女」を一人は登場させよう。

 

あと、これ用のというか先日の

 

blog.masanchi.com

 のホームページがほぼ完成。

 

 

そのホームページも未完成が売りかもしれない。

masachi.fun