マサッチ@左利きフリーランス 〜田舎で稼ぐ〜

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

不良品を出さない…

今日は、午前中年賀状の納品へ。


うちから下ったところの部落なので、自転車でピューっと下山。


その途中、また違うお客様から電話。


人気者はありがたい。


そして、納品行きながらいろいろなお話を伺う。


納品先の社長様宅、デケー家。


玄関広〜い。


そして、お話をする中でいろいろなことを教わりました。


「不良品をお客様のところに納品しない(出さない)」


これって当たり前のことなんですけど、このくらいならって気持ちになる時が誰でもある。


僕も、過去に「このくらいなら」って納品したことがある。


気持ち悪いですよね。後ろめたい気持ちがあるから。


それが、僕の投稿をたまたま読んでて、言ってることと違うと怒られた。


このくらいなら…は不良品なことが多い。


お客様にバレなきゃいいはダメだよね。


その会社は、ずっとやってきたそうです。


だから他社が潰れていく中、売り上げを落とさずにまた、信頼を得て続けてきている。


そんな話をしてくれる中、話の最後にマサッチ君なら、人にはないアイデアや行動力があるのだから頑張るんだよ!

応援してるからと。


最後に握手をして、次のお客様のところへ。


そう見えるということは、そうなれる人間だと思うから。


頑張っていこうと。


次のお客様のところはまた、あとで書きます。