マサッチ@左利きフリーランス 〜田舎で稼ぐ〜

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

転職という選択…

ひと昔前は、一つの企業で社会人人生を全うするのが、当たり前だったと思うけど


今は、チャンスがあればどんどん転職をして自分の可能性を広げることが当たり前になった。


年功序列的な風潮もまだあるが、人によっては年下が上司を体験していることもあるだろうな。


最近も、代表取締役が20代という人と仕事を受けた。


その人もはじめは企業に属したが、数年働き自分の可能性を試すため起業。


今では、法人のトップとして働く毎日。


その人も言ってたが、選択できる立場にあるのに一箇所にとどまる理由は今の時代は必要されていない。


どんどん自分からその扉を開けに行かなくてはならないと…


友人の何人かもヘッドハンティングで今では違う企業で働いてるものもいる。


彼らに共通するのは、ハローワークではないところで仕事に出会ってる。


結構、仕事は探し方ではゴロゴロある。


実際、僕も誘われたこともある。


今も、福祉系の仕事を紹介している。友人にもいろいろな企業を知っている人もいる。


僕は、今の仕事が好きで可能性を生み出せるし、実現は自分次第でできるので転職は考えてないが、少しでも転職を考えているなら


その扉を開けに行くことを勧める。


来週も後輩を紹介する。


いやらしい話だが、年収も倍以上になったなんてザラだ。


可能性を感じるならやるべき選択だ。