マサッチ@41歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

財布を失くして思うこと。落ち込む暇はない。

財布を失くしたのは、ある電話から。

 

カード会社からクレジットカードが落ちていたのでその、コンビニへ行ってくださいというもの。

 

そのコンビニ行ってないのになぜ?

 

そこで、ふとカバンを見ると財布がない。

 

あれ、車のどっかに落ちているのかなと思い、財布を探す。

 

「ない。」

 

心当たりのお店などに電話。

 

「ない。」

 

嫌な予感が過ぎる。

 

財布の中身よりメインバンクのカードに財布を隈なく探されるとパスワードを忘れた時のために暗証番号が記載された小さな紙が忍ばされている。

 

もしかしてと思い、ネットバンクにアクセス。

 

・・・・・・・・・・・。

 

お金がない。

 

警察に電話。カード会社に電話。

 

ささっとやったけど、ショックは大きいです。

 

現金もこの週末のためなどのためにちょっと多めには下ろしていましたが、もう今となっては嘆いても、叫んでも何も返ってこないので。

 

金額はあえて言いません。

 

ショックはショックなので。

 

 

 

 

追記

 

先ほど、警察署から電話があり財布も無事見つかりました。

 

中身はなかったそうです。

 

免許証とかあるだけまだいい。

 

見つかったところはやはり私が行っていない場所。

 

お金が返ってくることを期待しないで稼ぎます。