マサッチ@41歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

横山とうふ工房に続け!自分の売りたいものを売っていくことの大切さ。

おはようございます。

先日から横山とうふ工房の新製品のネーミングやデザインを考えております。
f:id:happymoney1031:20181223223212j:plain
詳細は、出すことはできませんが昨年からの湯葉に始まり今でもいろいろなアイデアから喜んでいいただける大豆などを使った豆腐屋さんの製品を作り続けています。

出会った頃に比べ、アウトプットのスピードも上がり勢いもついてきました。

最初、ホームページ作りでさえなかなか前に進まない日々でしたが、お店に直接買いにくるお客様も少しづつですが、増えているような気がします。
yokoyama-tofu.com
湯葉の売れ行きも良いようだし今年一年がどんな変化を起こしてくれるのか楽しみです。



これって、私が説得したわけではなく本人がやる気を出したからこそ。

いやいや、他人に言われてものびません。チャンスがあればそこにどんどん出向く。そして声を聞く。

結構、これってメンタルも強くないとできないことかもしれないです。

私も、これは良い製品だと思って売り込んでも逆の反応だとショック大きかったのでわかります。

だから、なかなかアウトプットできないのが現実なんです。



その恐怖に打ち勝ち。

新しいものが生まれたらすぐに連絡をくれたり、自らが売り込みに出向く。



「トライ&エラー」を繰り返す。



それができたからこそ、横山とうふ工房はもっともっと成長していくと思います。

売りたいものがあるなら、どんどんいく。

諦めないで継続していく。



今日は、先日いただいた予約の湯葉をお渡しする日です。

また、出来次第お届けまたはご連絡をいたしますのでよろしくお願いします。