マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

自分から話すのが苦手な人こそ、持っていてほしい最強ツール。

私の名刺を渡した方は、ご存知なんですが名刺のデザインはもちろん形にもこだわっています。

理由は、私が渡せばなんらかの反応をして質問などを相手が投げかけてくれるので会話が成り立ちます。

周囲から見れば、コミュニケーション得意だよねと言ってくれますが、たまに何話して良いか迷うこと…多々あります。

だからこそ、相手が会話し始めるネタを持っていると良いと思います。

※私の名刺です


だからこそ、どんなときでも名刺は持ち歩いていますし、慣れるまではなかなか名刺を渡すタイミングがわからず、テンパったこともありますが今では、サッと名刺を出し「はじめまして…です。」と渡すと。

「可愛い〜」「面白い〜」などの反応のあと、何の仕事をしているのか。何故こんな名刺を作ったのかなど質問が始まる。

そのため、何度か名刺を渡していると会話のパターンがわかるのでそのパターンさえマスターすれば会話は続く。

そして、お互い慣れてしまえば少しは緊張するかもしれませんが、初対面の時よりは会話しやすいですよね?

やってみると良いですよ!

また、名刺のデザイン相談などを受けることが増えて、同じように悩まれている人も多いことにビックリしました。

以前は、できる限り名刺にはあなたの情報を載せたものですが、

興味を持ってもらう入り口として名刺やチラシなどを使い、出口の役割としてSNSやホームページなどへの誘導がメインとなってます。

コミュニケーション苦手や名刺のデザイン変えたいと思っている人は一度考えてみると良いです。

名刺に意外性をつけることは、大切なので変えてみたいと思っていたらやってみたらどうですか?

https://gdproduction.com