マサッチ@41歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

ホームページリニューアル・・・自分の得意を出していく第一歩としてやるべきこと。

f:id:happymoney1031:20190203092956j:plain
企業のホームページも個人のホームページも私はこんな会社です。こんな人です。

と現在進行形での自己紹介はありますが、「過去の自分」をあまり紹介しないところが多い。

過去の経歴がどこのタイミングでつながるかは正直予想はつかないものの過去の経験が仕事に活かされたなんてことは実は多いのではないでしょうか?

また、その過去から自分の得意が他者からのアドバイスで見つかったなんてことがあるんです。




私も、過去の自分を出したくない人でした。実際、過去の失敗を否定的に見る人は多い。

だからこそ、仕事でもプライベートでも過去を隠して、今の自分だけをPRの材料にしていました。

実際、過去の仕事のデザインが素人っぽさタップリで出したくない。恥ずかしいと思っていたので基本ホームページをリニューアルしたりする時に削除していた。

だから、今の仕事に実績が誇れるものならそれなりに来るでしょうけど、実績に納得ができないから後悔しないでいると返って人の経験の厚みとは違い人間味が表現されない。



過去・現在・未来がつながる
以前、お客さんに昔の駆け出しの頃の表現力と今の経験から生まれた表現の成長をしっかりと見て、これからの成長に期待として仕事をいただいたことがあった。

それは、ホームページからではなく、SNSだったのだけどずっと私の仕事を見てきたからできたことであって他の人には伝えられない。

だから、いろいろなことを強みにできるとそのお客さんから教わった。

全てをターゲットにするのではなく、口コミや人柄で選んでくれる人もいるからしっかりと過去の自分も今の自分もそして、これからの自分も出した方が初めてマサッチくんを知る人にもマサッチって人間が伝わるからやってみたらどうかなと。



「もちろん、マサッチくんより有能な人はいる。けれどそんな有能な人に負けないものがあればそれは個性であり強みとなる。」

そしてこうも言ってくれた。

「マサッチくんに以前、名刺のサイズを変えてみるのも面白いという言葉に私は変えたよね。それによって仕事の依頼。初対面の人からの印象が変わって名刺からつながる人間関係が増えたんだよ」と。

「人は変わったものを手にするとすぐ捨てないんだよ」

「だから私は、マサッチくんをいろいろな人に紹介するんだよ。」と。

「マサッチくんの名刺も面白いよね。正方形だよ。これってみんな真似たから仕事につながるわけではなくマサッチくんという人間にマッチしているからだよ」と。

自分を表現した分身が名刺。ホームページもそうなのかもと同時に思いました。そんな時、友人がwebデザインを本格的にやってみたら?と背中を押してもらい、まずは自分が今年メインにしていくホームページをリニューアルしようと思った。

mossa.work

まだ、少しずつしかしていないですがこのホームページにしたいこと、やってきたこと、伝えたいことなどを集約していき多くの人が私のホームページからいろいろするための一歩としてつながれたら良いなと思い日々変えていこうと思います。

また、名刺デザイン添削やお悩み相談・そのホームページでの活動などの紹介も受け付けていくことにしましたのでぜひ、楽しみにしていただきたいです。

名刺のデザインを変えてみる。ここからもしかしたらあなたらしさが表現できると思うので是非やってみてはいかがでしょうか?