マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

自分を見つける方法。興味あることに積極的に交わることで見つかった自分の役割。

f:id:happymoney1031:20190209223829j:plain
新しい自分を発見しよう
積極的に興味あることにどんどん交わることは、多くの人が躊躇することでもある。

自分の知らない世界に飛び込むこと。

日常から外れ、非日常の中に入り込むこと。



そこで見つかるのは自分の知らなかった得意、不得意。



私は、「つなげる」素質があったなど知らなかった。

たまたま、積極的に行動していた中で、気になることはどんどん質問したり提案したりした。

昔はそんなことは、しなかった。調子に乗っていると思われたくなくて。

でも、いろいろな経験からある一定数は私のことを嫌いだし私も同じように嫌いな人もいることに気づく。

だから世間体を気にしなくなってきた。

嫌いならどうぞご勝手にって。

基本、人を本気で嫌いになったことはないが、嫌い=苦手ってところかもしれない。



話は戻りますが、私は今までにないくらいいろいろな人のお手伝いや提案をここ半年はさせてもらった。

もちろん、嫌な顔をしてその提案などに耳を貸さない人もいる。



しかし、その行動力が人を集め信用を得てさらにお誘いや相談が増えてくるのは目に見えて分かってきた。

最近、こう言われた。

「つないであげることが得意だよね」

自分にとっては、ごくごく当たり前にしてきたことがここに来て、それはすごい才能だと言われてそうなんだと自分でも意識して考えるようになった。



実際、昨日も数日前なども「つなげる」ことを積極的に行っていた。



私のメリットは、「喜んでもらえること」。

そして、これって誰もができるものだと思っていたが結構大変らしく全然意識したことなかったので私には気づかない才能だったのかもしれない。

それがここにきて、気付かされそして一つ提案を受けた。

小さなお店などにとっては、私に仕事を依頼するより自分でどうにかしたいと思っていることが多いということ。

例えば、チラシや名刺。ロゴなどは誰かに作ってもらったなどはあっても。

あとは自分でやっていますなどということも多い。

それらの相談、提案、アドバイスをしてあげたらどうかということ。

また、「つなげる」ということが苦手な人も多いということ。

自分の製品をどこかに卸したいと思うけどどうして良いかわからない。

誰か私と企業または個人をつなげてほしい。

「つなげる」って結構勇気がいること。

だから、私もやみくもにつなげたりはしない。相手は私を信用してその製品ないし人と会ってくれるのだからそれなりに時間が必要となる。

だからある一定の時間は必要となるが大切な仕事であり、私の得意とする部分があることに気づいたのでこれからは

「つなげる」を積極的に行いたいと思う。

この「つなげる」って「コネクタ」とも言うらしい。

コネクタってパソコンで言えばパソコン本体とプリンターをつなぐコードのことを指したりする。

f:id:happymoney1031:20190209225300j:plain
つなぐこと「コネクタ」
少しこれらのことを踏まえてサロンでも作ろうかと検討中。