マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

移動販売車という選択・・・必要なもの。これからやるべきこと。

移動販売車は、どこでも販売できるメリット。それに不動産ではないのでコストもかなり抑えられる。これはかなりありがたい。そして、南アルプス市もだけど、山間部など景観が良いところで店を持つことも良いところでロードバイクなどが気軽に休憩できるスポットとしても活用できる。イベントにも自由に参加しやすいのはありがたいと思った。
f:id:happymoney1031:20190219205330j:plain

私が移動販売車で販売するならと思って感じたこと。


1、食べ歩き、持ち帰りが可能。
2、ランニングコストを抑えられる。
3、シェアカフェも可能。
4、毎日営業しなくてもOK。
5、営業中に他の仕事もできる。


それ以外に私が注目しているのは、キャッシュレス。お弁当などの販売を仮にするのであれば「先買い」ができることもメリットになると考えている。私のように、ロードバイク乗るときは極力軽量化していきたいという人もいるだろうからその辺はかなりプラスになると思う。


また、時期や時間帯で場所替えするのもより多くの集客につながる。それにしっかりSNSの活用でより多くの人を知ってもらえるし、利用してもらえると思う。一度どっかのタイミングで移動販売車のお手伝いをさせてもらおうと思う。


確実に、最短でいろいろできる手段の一つだと思う。


お金が貯まったら店舗兼事務所も作りたいからしっかり目標持ってやろうと思う。


「(仮)マサッチ村」・・・ん、「Mossa村」・・・なんか暑苦しい名前だなw


クリエイターが集う村を作りたいのは変わらないので必ず。


最短で走り抜ける必要があるから、ちょっと無茶でもやっていこう。


どうしても公共機関の力は使えない地域なので、客単価のアップと独自のやり方でやっていくことを考えてやっていく必要がある。


もちろん、単独の考えよりは各エリアわけで楽しむことができる。体験できることが求められる。


私は、ロードバイクを乗るでの山間部の方ばかり目がいってしまうけど、南アルプス市に来たい理由をガッツリ作ることが求められる。


あとは、食でもあれば。女性ファンが必要だな。


移動販売車のお金集めしよう。