マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

NPO法人の立ち上げ準備をしながら、つながりたい人たちは・・・

f:id:happymoney1031:20190302073019j:plain
NPO法人を立ち上げると決めて、いろいろな人からのアドバイスやこちらからの発信、定款づくりなどで感じたこと。
その一番が、どんなものを作りでも人とのつながりが大切ということ。


そして、そのつながりも現段階で「この人」「この団体」という風に少しづつ明確化されてきている。


こんな話をすると、「どんな条件で決めたの」とか「うちにも協力してよ」などと話をされます。



どんなことでも一番は「頑張っている人」「尖った考えを持っている人」「尊敬できる人」そんな「団体」だと思う。

そんな人や団体は自然と背中を押してあげたくなる。

これって相乗効果っていうか、相手の頑張りがこちらにも移るように感じる。

たまに、マサッチを見ていると・・・自分も頑張らなきゃってなるとか言われると

何をしているわけでもない自分が誰かの背中押しているんだと驚くこともある。

それって人にしかできないのかなって思うときもある。



だからこそ、まちづくりをするには人がいることが大切。

それに、昨日アドバイスもらって言われたのが、一生懸命やれば、自分の必要なものを誰かが差し伸べてくれるからということ。

今のNPO立ち上げの決意まで来るのにカフェやりたいとか移動販売車をやりたいとか言ってたけど、今も諦めたわけではない。

必ず自分の構想の中にあるコミュニティーには欠かせないと感じているもの。

昨日も話ししたんだけど子供たちにも楽しんでもらいたい。だからこそ必要なものとして必ず立ち上げたい。



現段階で、寄付しれくれる人はいないでしょ。

それは、私が活動の入り口に立っただけだから。

もっともっと頑張らなきゃだよね。

自分の一人でできることは限界がある。

しかし、同じ思いの仲間が増えれば、一人の広がりが倍々へとつながる。

そのためにはう「やる」しかない。



もちろん、生活している中で嫌なことも起こるけど、大切な部分はブレずにやっていこう。

前に進んでいこう。

この週末はいろいろ立ち上げもしないと・・・部活とかね!

さーやるべやるべ。




活動のことやつながっていきたい人などの詳しくはこちらではなくホームページに掲載します。
mossa.work