マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

3月4日から10日までの目標と過ごし方。お金、仕事、人間関係などを考えていく時期。

今週も始まった。最近、同級生の中でも変化を感じているまたは、変化が始まっているような気がする。



ちょうど40歳って人生の分岐点なのかもしれない。



そして、私自身もどんどん前に進むべき時なのだと感じている。



私の住む、南アルプス市内で主催の小さなイベントをする。イベントといっても本当に小さな。


一つ目は「サードプレイス」・・・家でもない学校、職場ではない居場所

f:id:happymoney1031:20190304072631j:plain

2つ目は「ウォーキング部」どちらもNPO法人とつながる活動として行う。

f:id:happymoney1031:20190304073051j:plain


これらから新しい人間関係を構築し、そして仕事やお金に最終的には創り出していくことが目標であり、目的だけどまずは地方の固定概念を変えることが大切。

タダで当たり前。やってもらって当たり前な考えを変える必要がある。

そして、稼ぎ方も都内と違う「幸せな稼ぎ方」を考えていかねばならない。

地方では、都内に比べて家賃だけでなく食費などやり方によっては全然お金がかからないのが現実。

それらを上手に取り入れながら生活費を見直し、そしてそこから新しい地方のライフスタイルを構築することが今後は課題であり、当たり前の未来となると思う。




また、健康志向も高まってきている今、それらを地方に取り入れるべきこと。

だからこそ、まずは他人ではなく。自分から行っていこうと思う。



健康面では、やはり食事と適度な運動。お腹周りの脂肪を燃やすだけでかなりの人は動きやすく疲れにくい体の一つは手に入ると思う。

実際、昨年の夏時期と体重は数キロ違うだけでもかなり体は疲れやすく疲労が溜まりやすい。

歳をとったから?という人もいるけど年齢に勝てない部分以外に多いのは体のケアだと思うから。



まずは、70kgの辺をウロウロしている体を68kg台にして、食生活の改善も図ることにする。



そして、やはり生活に欠かせない稼ぐ部分も今のやり方では限界があるので、改善していく。

もちろん生活面でかかる部分を無理に抑えるのではなく、自然と減る構造を考える。

いきなり厳しくすると人はストレスですぐ諦めてします。

そのため、長続きしない。

もともと、人は変化に一定のストレスを感じる。だからこそ、少しずつ行うことが大切。

ダイエットも貯金、投資など大きく数字が動くなら誰だって楽しくてやるだろうけどどうしても数字には表れない時があるので

みんな、「こんなに頑張っているのに」と言いながらやめてしまう傾向が多い。

だからこそ、心体が慣れるまでは少しずつ少しずつ行っていくことが大切だと思う。



具体的に少しのプラスで良いので、数字的目標ではなく継続したとことから始めることにしたい。



私であれば、新しい価値に触れる。その時、名刺を渡す。

それを記事に書く。

これだけ。

これだけでも人によっては、かなりのストレスレベルだと思う。



新しい価値に触れるだけでも良いと思う。



さー今週もがんばるぞ!