マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

もう今の環境にはいられない。少数派の選択肢。

f:id:happymoney1031:20190305074725j:plain
昔から頭の中身は少数派にいたと思う。ただ、人の中にずっといることができたのは主張しなかっただけ。
ただ、それだけの話。

最近は、自分の中で「これだ!」と思うとやる気持ちが若い20代の頃に比べものにならないくらい強く働き行動へと移すことが多くなった。

もちろん。少数派な考えには変わらないだろうから周りとの衝突も避けられない時もある。

それでも進むべき時は多くなった。

そして、感じることも多くなった感情

「妥協した自分にこれから好きでいられるのか?」

最近の自分の悪いところは、毒を吐く、噛みつく・・・噛みつくと言っても本当に噛みつくのではなく食ってかかるということ。



数年前に、東京の友人が言っていた。

「やりたいことがあるなら、やって失敗しろ。」

「やらないで失敗することを恐れるな」

「必ず未来につながる」



彼は昔から少数派だったらしく、周りと考え方の違和感には苦悩したこともあった。今は自分のやりたいことをガンガンとやる。



もちろん、それに対して批判をされることもあるようだけど、やらないでギャーギャー言っているやつの声など全く気にならないとのこと。

数年前に再開した時は、感じなかった感情などが今ならわかる。

人と違うことの強みとその違いを感じたら次のステージにどんどんと進むことが必要だということ。

そのためには犠牲は惜しまないこと。

彼は、寝る時間を犠牲にして大きく脱皮した。



それ以外も犠牲にしたものは多いと思う。



昨夜はそんなことを思い出していた。

自分はもう「今」の環境には適応できない。

それなら、違う環境に身を置けるように進もうと思う。

環境を変えたい時ほどいろいろな新たな出会いが始まる。



実際、うちのじいちゃんをリスペクトするそれまたおじいちゃんがいる。ある会社の会長さん。

先日、新しい知事さんにあってきたとサクッと言っていた。

そして、いろいろな有名な人の名前が出てくる。

経済の話もちらほら。見ているものが違うと感じた。



このおじいちゃんは、すごい影響力を持っている。そんなおじいちゃんがうちのじいちゃんには頭が上がらないという。

どんな、じいちゃんだったのか。逆言えば、それだけのDNAを受け継いでいるということは誇らしいということ。

持っているものはあるのであれば、それを引き出せていない自分はまだまだ、ひよっこということだ。

何を変えることが望ましいのか。そこをもっと考えるしかないということだな。




今の環境は環境で楽しかったんだけど、居座ることはできないという事実。

それなら、抜け出しもっと違う環境へ自らの足で動いていくしかないな。




今の環境ありがとう。そして、いろいろと与えてくれた人やモノさようなら。



今に不満をある人も環境を抜け出してみることをオススメします。

ノートに書き記してみてはいかがでしょうか?

ホワイトボードも良いぞ!