マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

結婚、離婚、浮気、不倫・・・人間関係は向き合い方が大切・・・正当化しては進まない感情

「結婚の話を聞かれ」・・・幸せな日々に感謝して


「離婚の話を聞かれ」・・・幸せな日々に感謝して


「浮気の話を聞かれ」・・・得たものがない無力感を語り


「不倫の話を聞かれ」・・・得たものがない絶望感を語り





どの経験も話したところで過去、自分を守るために正当化した事実と向き合い、今自分がどう向き合ってどう行動をするかを考えるといろいろなことを思い出し今するべき行動をするかで大きく未来が変わることがわかってくる。





私自身、上にあげたことに否定も肯定もしない。


ただ、これらの経験においてその先をどう考えているかを読み取ると、まだまだ未熟な人もいれば、この人もう何歩も前に進んでいるんだな。と思う人もいる。


どんどん素敵な人へと変わるんだろうなと感じることがわかる人もいる。


実際、正当化したところで事実は変わらない。


そこを正当化するために行動するとどうなるか・・・。


私の経験や友人の経験から考えると、ロクなことは実は起きないと言うこと。


「好きでなくなった」「めんどくさくなった」「価値観が違う」「恋人に悪い」などなど言う人は多い。


実際、罪悪感のなくなることはない。


所詮、それだけの関係。そこにカッコつけても心の隙間を埋めようとすることには変わりない。


覚悟がないならするべきではないし、相手が覚悟を持っていたりするともっとややこしくなるので、ひと時の感情でしてはならない。


するのであれば、しっかりと覚悟を持とう。


今日は、昔の彼女を見かけた。彼女とは結婚も考えたけど結婚しなかった理由は相手の親の反対だった。


私は、相手の親に嫌われた理由は、「バツイチ、子持ち」


普通の生活では支障がないように思えるけど、子供がいれば養育費があったり私がなくなった時には遺産相続などのもないがつきまとう。


それに相手の「幸せ」を考えた時に親に反対される結婚で生活していくのは初婚の彼女にとっては辛いものとなるし良い未来とはおもえなかったので私はその人とは別れた。


これは相手もだけど私自身、そんな生活を送る彼女とは暮らせないし、必ず衝突が起きる。それを考えての決断だったので、先ある決断となる。


浮気や不倫ももちろんだけど、それらをするのは世間的には悪いことであっても自分たちが納得しているのなら良い。


ただ、それらの行為をやめたのであればしっかりとそれらの行為を見つめ直し、しっかりと答えに納得することをするようにしないと相手の感情を無視しただけで何も良いことはない。


言い訳をするのではなく素直に話をしてしっかりと関係を断つことが大切。そして理由の中に人を入れない。


ほとんど理由の中に人が入っているとその人に悪いなどと言い、決して自分を中心に考えないのは後々いろいろな関係に歪みをずくってしまうのでやめたほうが良い。


どれも人と人とで起きる関係なのでしっかりと受け止め行動することを薦めます。


ではでは、おやすみなさい。