マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

今年は選挙の多い年。私の住む南アルプス市長選挙をあなたはどう見ますか?

f:id:happymoney1031:20190226231733j:plain
今日、テレビで国政選挙について討論していました。


今年は、選挙多いよな。


うちの実家のある甲府も市議会選挙が来月投票が行われる。


同級生も出るし、よく釣りに行ったあのおじさんも出る・・・。


その町が良くなれば、誰でも良いと言うのがみんなの本音だろうな・・・。






今の仕事してから、いろいろな人に「〇〇さんってどんな感じ」「誰が当選すると思う」と候補者のことや予想を質問されますが、私が知る限りの情報が全てではないし、


今住んでいる南アルプス市は合併で集まった「市」なので地域で実際、応援する人の割合はかなり異なるのが現実だと思います。


ただ、私と同世代かその下の世代は「政党」や「周囲」のお願いでは動かないと思っています。


子育て世代からしたら、子供の未来や今の家計の手助け、教育などが一番のメインになると思うし


その下の世代は、そこに住み続ける意味が見えないと意味ないだろうし、選挙に出る人を信じられないから投票に行かないというところなのかもしれない。


ただ、「選挙に行かない」それなのに「あの議員は・・・」と言うのはどうかなと思います。


あなたが放棄したとしても、市長は選ばれ、それは市民が選んだことに変わりないこと。放棄したからは、逆に言えば、無責任な判断と捉えることができると思う。


それに、一度意見を言ってみるのも良いと思います。


変わるかどうかは別として、自分の想いを発信することは大切だと思います。


議会に行くのも面白いと思うし、議員さんと話してみるとその人その人の気持ちがわかります。






ここからは、私の今の情報と見解です。


今回、市長選の候補者は3名。


現職K、前市長N、元県議会議員U


ホームページは、一人を抜いてはあります。Facebookはみんなあるのか・・・。


ツイッターは、ホームページ同様その人以外はありますね。


ホームページは、一人の人は名前がこの世にいっぱいあるようで・・・検索だけでは上位表示は難しい。


Facebookは、今日少し動きがありましたが、情報のシェアはなかなかされていないのかなと思います。


ツイッターもなかなか行動が見えないのかなとも思います。





「そんなの見りゃわかるよ」「いつもの・・・」は?って感じですか?




じゃー。


道端見ると、のぼり旗は見かけます。メール便で公約などもポストに入っています。


ある人はそれらの一部を「怪文書」と言う人もいる。


まー4年前で市民の選挙などの関心はどん底まで落ちたのかなと思うし、その後の「完熟農園」についての動向が尚更、「何やっているの!」としたのは事実だと思う。


実際、前市長N、現市長Kについての評価は高いとは思えない。友人は「責任追及しろ」という気持ちは痛いほどわかる。


しかし、先ほども言ったけど、市長は誰が選んだのか?となってしまう。そう市民です。


それらを踏まえ、いろいろな問題が浮き彫りとなっている南アルプス市


それでも景観は素晴らしいし、活動を行なっている人がいるこの南アルプス市の「これからの南アルプス市」を考えていくことが大切だし行動することが大切だと思う。


「現場主義」「市民目線」・・・それらを誰が一番わかって行動しているのか。


以前も言ったが、私の友人たちの活動を候補者見ているのかなと思うし、それは事務局も。そうなると彼らの「現場主義」「市民目線」って何なん?


て感じるのが一番です。


いっそ、今日はどこどこで〇〇してます。ぐらいの行動を見せた方が良いのかなと思うけど。


まー無理か?


そして、先日の協働フォーラムの時にある方の言葉「呼ばれたから行くのではなく、自分から積極的に行く」


前向きな気持ちは、周囲も変えますからね!


あと1ヶ月どうなるかな。






私の今、有利なのは現職かな。


現職の強みは、何か行動をするとそれはすぐにメディアに取り上げられる。良くも悪くも。


今日も、「健康リーグ」についてのことがSNSからシェアされていた。


これは、強いよね。


あと、こんな私に事務局はアドバイスを求めてきてすぐに実行していた。


おーって感じです。


欲しいのは、行動なんですよね。あと、本当に南アルプス市を隅々見て欲しいです。


ちなみに、私の活動は気付いたのは市議会議員さんだけ。NPOの寄付くれんかなw