マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

「つづけること」のススメ・・・いつからか背中を押されることが増えてくる。

f:id:happymoney1031:20190328072320j:plain
おはようございます。


鼻づまりで全然寝れなかった朝です。


今日は、午後から東京へ・・・。


パソコンを持ち歩こうか悩んでます。理由は、置いてきたら困るし・・・そんなやっている暇があるのか不安だからです。


その前に電車をスマートに乗れるのか?


かっこ良く乗りたいんじゃおじさんは!






まーそんなことはさておき。


このブログも毎日書き続けて半年。記事は500を超えてきた。


どんな変化が生まれてきてた。


周囲では、ブログ読んでいるよという声をいただく。「感謝」


SNSでつながった会ったこともない友人は、私のしたいこと(NPOとか目標とか)の背中を押してくれるように情報をシェアしてくれたり、


フォトブックプロジェクトには参加してくれたり・・・
blog.masanchi.com

ここ数日は、意外だったのか公共機関に弱すぎる私に、


「電車乗れる?」「こうやれば乗れるから」などなど、「はじめてのお使いをする3歳児」かって感じで心配されます。


ほとんどの方の心配は、新宿駅ついてからの行動・・・


赤坂までは・・・と調べてくれたり・・・。


子供が上京する時ってこんな感じなんだろうな・・・wみたいな。


数年前かな?友人に会うために六本木まで車で行く奴ですから!


もう、公共機関怖いはやめよう!そしていつかは、パソコンを特急の車内でサクサクこなす親父になろう!と。





こんな、今のご縁や支えてくれる人がいるのはブログを毎日書いていたのがきっかけだと思う。


ちょうど1年ちょっと前だと思うけど。思うがままに書いていた。


ロードバイクを始めたことも書いたり、自分はこんなことしたいとかいろいろ。それを読んでいた人があるイベントの主催者に連絡を取ってくれて、飛び入り参加したのがきっかけ。


そこも今までなら参加しなかったかも。でも、変わりたい気持ちが強かったから、参加した。


それが全てのはじまり。


だからブログを書き続けたことでツイッターを始めたり、NPOを作ろうと思ったりといろいろな考えを形に変えようと動けるようになった。


口が悪いのは直らないらしい・・・。


別にブログを書けとは言わないけど、もしブログを勧めるなら「ブログはまず自分のために書くこと」。


誰かに読んでほしいではなく、自分のために。だから自分の辛い感情や楽しかった感情をそのまま書く。


恥ずかしがることもないし、もし何か言われたも気にすることはない。


だって、読まなきゃいいだけの話だから。それでも読むということは何かしら伝えたいことがあるんだろうと。言葉の裏側を探れば良いだけの話。


あと、私は毎日書くことを勧める。私は決して文才はあるわけでもないが素直に書く(伝える)だけで人の心を動かし続けるのだと思う。


そして、いつからか自分の文章から感情を読み取る人が出てくる。私が辛い時などは多くの人が支えてくれる。


それはSNSでもなんでも、発信(外部へのアウトプット)をすることで得られるものが大きい。始めはどうしても小さいけど。


だからここ最近は、続けていることでエールをもらうことが増えてきた。それだけ価値あること。


まだ、目の状態が完治してないので無茶はしないけど、ありがたいことばかり。


逆に続けて辛くなった点は、今までの環境にはもう戻れないということ。


だから、付き合う人や環境が大きく変わり始める。


だからこの一年大きなストレスと感じたのは、今までの環境や人の一部にすごくストレスを感じる。


ほんと、一部だけど。


自分を変えたいと思うなら何かしらを毎日行い、アウトプットすることだと思う。