マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

全てにおいて中途半端は良くない。

f:id:happymoney1031:20190404071339j:plain
今、すべきことをいつまでにするのか。どこまで進めていくとより作業が良くなるのか。そんなことを考えては自分の手元から離して外注化したりするようにし始めた。


人の集中力などずっと続くものではない。


最近は、それを特に実感する。やりたいことをやり始めるとそれと同時にいろいろな関係性の強いものへの働きかけを行わないとどこかに歪みが出て、最終的なところでおかしなことになり、企画自体潰してしまうことも多々ある。


最近は、企画倒れというものは減った。どうしてもやりたいからだと思うけど。その分心体の負担はかなり大きくなっている。


最近は、いろいろな方と話をする機会が増え、以前い比べより多くの情報が手に入るようになってきた。


その分、今まで当たり前のようなものが離れていき、また全く関係ないと思っていたものが自分のそばに在るようになってきた。


それらは、一つの成長過程だと思うけど。今まで在ったものが離れるのは寂しいと思う時もある。


それをいつまでも引きずると人は停滞し、成長が止まる・・・「現状維持」になってしまうのかもしれない。

また、最近多くの人が口にするのが「中途半端」。


私も以前は、中途半端にしてきた案件も多かったけど、今は継続中で進めている。


しかし、人から見たら最近話題にも上がらないから「やっていない、やめた」と勘違いされ、それは中途半端なことと思われることもある。


それはどうでも良いけど、行動を起こす人が一度は陥るのかもしれないけど、この「中途半端」がいくとも目の前で起こり始める。


私の住むあたりでも活動している人の近い存在から「このままだと中途半端に終わるのでは・・・」と不安に思う声もよく聞く。


それらの状態を乗り越え次のステージにいくために何をしていくのか・・・。

いつも中途半端な自分から抜け出すコツ

いつも中途半端な自分から抜け出すコツ

これならできるよね。―中途半端な僕にもできた「成功の基礎のキソ」

これならできるよね。―中途半端な僕にもできた「成功の基礎のキソ」




私が、とった行動はより前に進めるために自分から離すという行為。「外注化」ということに近いかもしれない。


ただ、この外注化。難しいのが相手の能力がわからないうちはかなり、危険な行為になってしまうこと。


先日、あることを外注で依頼した。


そうしたら、想像以上に早い作業ですぐに納品をしてもらえた。ただ、相場がわからずとりあえずクリエイティブなこととして自分ならこのくらいはという金額を提示し、「こんなにもらっても良いの?」と言われたが提示した以上お支払いはした。


クリエイティブな部分での仕事は想像以上に相場などあてにならない。


安いところもあれば、高いところももちろんある。


安いところは「趣味の延長」のような人がいたり、逆に「過去の実績」から想像を超える以上の付加価値として値段をつけているところもある。


それだけ、見えないもので覆われていることが多い。ただ、すべての作業をお金にしようとするといろいろなところに障害が出るのも事実である。


ただ、やり方にを変えて外注化しているところを上手に活かせばまた、違う形で自分のビジネスに取り入れることが可能なのでそれらをこれからの課題の一つとしてやろうと思う。


結局、一人でやるには限界が来るということと、人はそんなに集中して一つのことをやれないということなのかもしれない。


自分のホームページも少しづつまた手を加えよう。


最近、全然書いとらん。
gdproduction.com