マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

諦めずにPDCAを繰り返した結果がもたらした良い結果。

f:id:happymoney1031:20190503154750j:plain
今日は、PDCAを繰り返しおこなった結果が生んだといっても良いと思う。


PDCAって・・・何という人はこちらを
blog.masanchi.com


多分、書いていると思う。


今日は、朝からタイヤ交換に行ってきたのだけど最近の車は、軽量化と剛性バランスのため(実際はあげれるポイントはあるけど)フロントタイヤ二本を一気に変えるような作業は危険なことが多い。


だから一本一本丁寧にお客さんのところ行って変えるのが私のやり方。


私も車が好きだからこそ、大切に扱いたいというのが本音です。


そこには大きなSUVと軽自動車が3台あるのですが、同じジャッキで上げる為には大型の重たいのを持っていくことか軽自動車のために上げる用、SUV用と2つ持っていく選択となるが


面倒だし、重たいし、面倒だし・・・みたいな感じなので・・・


基本両方が持ち上がるジャッキの下にSUVは車高がやや高めに設定されているので木を下に敷いて持ち上げることにした。


これにより効率的にも楽になり、スムーズな作業になった。これも何度も検証を頭の中ですけど昨日までおこなっていた。






そして、連日ブログにも書いていたけど、ローバーミニの配線をどうもおかしくしてしまったのようで、水温計が動かないことに。


運がいいのは、このローバーミニに関してのブログなどで整備の記事をいっぱい目にできるということ。


最初は、アースではないか。断線か。などなどいろいろと試してみたもののなかなかうまくいかない。


そして、いろいろな人のブログを参考にしているとある記事が大変参考になり、昼ご飯を終えた後、ミニの配線をもう一度検証することに。


f:id:happymoney1031:20190501125132j:plainf:id:happymoney1031:20190501124649j:plain


実は、先ほど車を日なたから日陰に移すときに一つだけ疑問になるところがあったからそれがよかったのだけど


燃料計の針がやきに下にあったこと。それは昨日のエンジン切った時とは比べものにならないくらい低かった。それと水温計と燃料の関係性がアイドリングにも影響があることが書いてあったので


もしや不安定になるのは・・・と一人であーでもない、こーでもないと考えていて、配線の仕方で全く動かなくなるパターンなどを繰り返しおこなったことで今の最終配線となった。


これで問題なければありがたいけど今は、一度エンジンを冷やしていくつかの検証を行いたいのでブログを書いている。


うまくいけば。という今は気持ちだ。


うまくいったら、パネルをちょっと変えたいので、アマゾンなどをみている。