マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

地域に必要とされる人であり、組織になるためには・・・

昨日、棚田の上の方まで行ってきて気づいたこと。


「あれサイクルラックがない」撤去したとか場所を移動したなどの話は聞かない・

MINOURA(ミノウラ) LEVEL-170H バイクラック

MINOURA(ミノウラ) LEVEL-170H バイクラック

こんな感じのものです↑


それがどこにも見当たらない。


実は、この設置にはある人にお願いしてオッケーが出てサイクリストがくると私の知人もサイクルラックがあるというだけでわざわざ遠方からも中野の棚田まで来てくれた。
goo.gl
この中に出ているロードバイクとそこに移る木製のサイクルラックが私が設置したもの。


まー色々な人に置きたいと行ってではなく行ったからか。でも残念だ。


最近、地域活性化には根回しが必要だという話を多く聞く。


これは、全てにおいてかもしれない。


だからこそ、これからは発信もだけど多くの人がこの人なら・・・この組織ならと思ってもらえるように活動していきたいと思った。


少しづつではあるけれど、NPO法人に興味を持ってくれる人や声をかけてくれる人もできている。それは大変ありがたいこと。


だからこそ、しっかりとやっていきたいと思う。


昨日も、草刈りの練習で金丸文化農園さくらんぼ畑をさせていただきました。


今日は、八田の方へ行きます。


美味しいお昼ご飯とさくらんぼをいただきました。いつも私の「こうしたい」に応えてくれます。まだまだ未熟な感じですが感謝です。


NPOの一貫として草刈りの役割がいっぱいあると思います。まずは、期待される人になろう。楽しくやろうと思います。
mossa.work