マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

「やってみたい」を「やってみた」に変えてあげると起こるもの。

f:id:happymoney1031:20190602134939j:plain
昨日に続き、草刈りを今日もしてきました。


先日、草刈機(管理機)をいただき初の稼働!


ちなみに草刈機はこんなのです。

そして草刈機は今ではバッテリーで動かすものもあるのですが、私はエンジンの方がやっているって感じで好きです。


燃料は混合油といって、ガソリンにオイルをある一定量混ぜてエンジンを潤滑させることでエンジンの負担を減らします。ガソリンだけだとエンジンが壊れてしまうので、使用方法はしっかりと守りましょう!


アマゾンでも売っています!


自分で作る場合はこんなのがあると便利。いつかその時が来るんだろうなと思っています。


今日は、子供達の遊ぶところを依頼されたので、できるだけ子供達が快適に遊べるようにと何度か繰り返し草刈りをしました。


そして、今回依頼してきた友人は、僕の草刈りの様子を見ていた友人も「草刈り、やってみたい」ということで恐る恐る貸したら、ブンブン振り回す感じがしてこちらが怖く感じましたが、


慣れてきたら、しっかり草が上手にかられていくのをみてたら・・・「やってみたい」を先回りして「危ない」という理由づけで「やらせない」を押し付けるのはよくないなーと思いました。


危ないと思えることを教えて、自由にやらせてみる。そうすると試行錯誤しながら草刈りをしてました。


今後は、NPO法人の方でも草刈りをしたい女子が出てくると思うのでいろいろと考えながら「やってみたい」を「やってみた」そしていろいろなことにいかしてもらいたいと思います。


これは、子供だけでなく大人もだと感じました。


今日は、よく頑張りました。また、報告をNPO法人のホームページにも掲載していきます。
mossa.work