マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

自分の心にいつでも素直でいたい。いてほしいと思う。

f:id:happymoney1031:20190618073409j:plain
日が昇り自分もいつまでも下を向いているわけにもいかないと思い、昨年離婚したことを思い出した。


ほぼ毎日無心でロードバイク乗っていた頃を。


自転車は前にしか進まない


だから、前向きなことしか考えれない(嘘)


最近、いろいろありました。もっといえばこの1年半はいろいろあり過ぎました。


夜中のブログでも書きましたが、
blog.masanchi.com

ロードバイクを1時間乗るようなことは、今までのどんな状況より無謀なことはわかっていました。


体にエネルギーとしてあるものはわずかな水分と体の全て。外からのエネルギーは1日なかったことに等しいから。


でも、走ることが良いと思って乗り始めました。


足はツリ気味。やっぱりと思いながらもループ橋やいつもの坂はいつもより楽に登れた気がしました。


その時、自分はワンピースの漫画を読んでいる人なら知っていると思うけど主人公のルフィが兄エースを失うシーンを思い出しました。

ONE PIECE モノクロ版 60 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ONE PIECE モノクロ版 60 (ジャンプコミックスDIGITAL)

突然の兄の死。受け入れらない今を目の当たりにし心が崩れる瞬間。そのあといろいろな葛藤がある中でルフィはかけがいのない仲間の存在があることに気づかされるんですが・・・。


兄を失うルフィに比べれば私は大したことないにしても、辛かったのは事実でした。でも見方を変えると同じように辛い気持ちで苦しんでいる人の存在があることにも気づきました。


この1年多くの人とつながりができ、今も支えられていることは私はこの数日すごくわかりました。


人によっては、まだまだと思われることかもしれませんが、私はこの1年は多くの変化があり、これからも大きな変化をしていくと思っています。


そこにはもちろん、「世間の常識」というものに苦労することもあります。ただ、どんな時であれ、自分の心には素直でいたいと感じました。


それは私の周囲に対しても思いました。私もよく言い訳をしましたが、最近言われたこともあります。今の置かれた「立場」を考えて行動すること。


それは大切ですが、そればかりに目を向けると自分の心の中でしたいことと葛藤することが度々出てきます。


ほとんどの人が、その立場を考え自分を押し殺し辛い気持ちを抱えながら何もなかったかのように生活します。それは悪いことでもなんでもないです。


ただ、その気持ちに素直になることも大切だと思う。だって押し殺した気持ちは、そのままで心の片隅に置かれる。そんな気持ちが溜まると人は、素直な気持ちからの行動ができず、気づいたときには、その気持ちの先にあったものの存在が遠くにいってしまい、ただ後悔だけが残ることがある。


そうなってほしくない。それは私も。


人は、ほとんど変われない生き物だと思う。変われるのはわずか数パーセントだと思う。また、そのチャンスがあるのは。


ほとんどの人がチャンスを無視する。だから、私に関わる人にはそんなチャンスを大切にしてほしい。


私もここで、決断する。「素直でいよう」


正直、私にはどんなに向き合っても不可能な理由がありそれは、「奇跡」でもない限り覆らないこと。


その時が来た時、自分は素直でいれたことを誇りに思えるようにしたい。それを教えてくれた時間がある。


だから、これからを大切にしていきたいと思う。そして私だけでなくみんなもそうしてほしいと思う。