マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

再現化することはまちづくりとひとの力となる。だからこそ必要なこと。

f:id:happymoney1031:20190704073432j:plain
まちづくりに必要なこと。それは「こうなったらいいのにな」と言う想いから始まるのだと思う。


NPO法人となった今、それは更に思うこと。「再現化」こそ課題であり、一番必要とすることでは?と。






NPO法人となる前にサードプレイスを始め、子供達とTシャツのデザインを考えてそれを形にする。子供達にとって一番は親以外との関わりや認められることなどが大切なのだと思う。


以前は、「親なんだから」と思う気持ちが強く子供のことを蔑ろにする人が嫌だった。私は、親にすごく愛されている。もちろん友人たちにも多くの愛をもらっている。


私もみんなを愛しているしこれからも愛する人は増えていく。それは人だけでなく地域なども含まれていく。


それらの経験から導き出す一つの答えというかスタートとなるのがNPO法人としての形だったのかもしれない。


トップ画は私が「陽の果農園」様の看板を作っているところ。看板のデザインをしたことはなんどもあるけど実際、作るとなると結構大変。もちろん、私だけで全て描き上げたわけではなく、多くの力の中に完成の形がある。


実際に使う人にも協力してもらったし、その家族にも。この看板の材料は金丸文化農園様のご協力で提供していただきました。


昨晩もサードプレイスにて、贅沢なお願いをしてきました。「看板ください」。ってw


快く「いいよ」との回答。看板を作るだけでも楽しいし面白い。それにワクワクする。次はNPO法人まちづくりMossaworksの看板にしようかなど考えてはいるけど、他に役立つところがあるのならと思ったりもする。


少し看板の経緯をお話しします。







「看板あった方がいいね」


この話から、いろいろな話を詰めていく。実際使う看板の使用頻度などを考えると看板にお金をあまりかけずにできないか。そのために安く作ることを考える。


材料を買ってきて、パネルにをデザインし貼り付けるということを考えました。しかし、パネルも実際は安くはない。もっと温かみのあるものがいいな・・・と考え。看板の再生を思いつきました。


使う陽の果農園様に相談した上で協力もお願いした。ものづくりの良いところは、普段の生活にない空間が体験できることだと思う。


そして、材料集め。金丸文化農園改め金丸文化学園様は公私ともにお世話になっているので図々しくもお願いする。看板くださいって。


使う理由も伝えたら「いいよ」って。


そしてまたも図々しくもうちの家の方まで軽トラックを借りて置きに帰る。


ペンキを買うにも色の相談をしっかりとして、こちらのイメージなど話をしっかりとして決めました。


そして下地を塗り。
f:id:happymoney1031:20190624073711j:plain


下地もなんどもなんども塗り合わせていきました。


そして、原寸にデータをプリントアウトしてさー綺麗に写れとやりましたが、全然写らない。そのため油性ペンのインクの染み込むのを利用してどんどん下書きを仕上げていく。


そして、下書きができたら今度はロゴなどと同じ色を塗る。もちろん丁寧かつ大胆にw


小さな子供達が書けるところはなかなかないけど、意見を聞いたりしながら完成させた。

これって、一つの再現化の形だと思う。だからこそ、地域の協力や子供達の協力。もちろんワクワクも。


これも一つの地域のまちづくりだと思う。


今回、協力していただいたところは今から桃が時期を迎えるのでよろしくお願いします。


金丸文化農園様
kbnouen.jp

陽の果農園様
hinokafarm.com

どんどん再現化していけるように頑張ります。また、NPO法人として支援もお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。
https://polca.jp/projects/oyQw9AtEuRX