マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

自分のために・・・「カフェをやる」そう決めました。

f:id:happymoney1031:20190720085230j:plain
最近、自分の過去と向き合うことが増えてきて自分の勘違いで生まれた思い込みや考えで苦しんでいたことがわかりました。


そんな中で問いかけられる・・・「自分は一番何がしたいの?」って。


今の仕事好きです。デザイン。最高に好きです。誰かの想いから私が形に変えていく。それが喜ばれることが自分の生きているって感覚につながるのだと思う。


このブログを書いている合間にも実は、新しいデザインを作っている。それが自分の喜びであり、誰かの喜びが加わるとそれはすごく大きな喜びとして存在するのだと感じる。


「自分にこの力、この縁を与えてくれた今を感謝しています」


そんな自分もデザインもなんだけど、最近と言うか昔からこんなカフェのマスターいいなと憧れることをたまに思い出していた。


何度も何度も。ただ今のようにそこまで強く思っていたかはわからない。けど。今は「カフェをやる」と決めている。


その大きな理由は、自分の生きる場所でありそこが自分の居場所なんだと強く感じるから。


繁盛店を目指すと言うよりは、どことなくホッとするような場所。多いなお店ではなく小さくてもいい。そして人通りが多いと言うよりは田舎にポツンとあるような。隠れ家のような。


昨日の記事の後半にも書いたけど、友人たちがフラッと寄れたり、県外から通りすがりの人が立ち寄れたり。


そこには笑顔がある。それが幸せなんだと思う。友人の笑顔はもちろんだけど、私自身もそこで笑顔でいる。それが一番欲しい場所だと思う。


あと、カフェは大切なパートナーと。そこにも笑顔と幸せが二人でいることでなお一層届けられる場所だったらいいなと。







実は、昨日そのデザインを考えていた。店名はまだ本決まりではないのだけどいいなと思う。それがあっているのだと思う。


カフェは居心地の良い場所であってほしい。


今の仕事で生活できているなら、そこでお客さんいないときは仕事できるし、打ち合わせにも使えるなwなんて思っているし。


さーて、何から始めたら良いのか。






カフェに必要なもの?


・メニュー


・場所


・名前


・お金


・人


そんなもんだっけ?