マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

自分ができるやり方で役割を果たしなさい。

f:id:happymoney1031:20190811073816j:plain
最近、多くの人に「あなたが生まれてきた意味」「あなたの役割を探して実行しなさい」そんな言葉を言われます。


病気がわかってから、人間関係についても向き合い方が少しずつ変わってきました。


これが、今ひとつに私の課題でもあります。


実際、病気だけでなく引っ越しや仕事などでもそれぞれ考えるといろいろな意味を持っているのだと思う。


実際は、若い時でも今、自分の思うことへのヒントは必ずあったのだと思う。けれど気づかなかったのはそれはそれで意味があったりもするのだと思うけど気づくチャンスを見逃しのも事実だと思う。


その差は、それぞれあるのだろうけどどこかでそれを気づかせる時は必ず来るのだと思う。そこで必要な場所だったり人だったり、タイミングだったり。


もちろん出会いもあり別れもある。そうやって人は成長しながら変わっていく。それを今はすごくわかる。


これは同じことをしようとしても人それぞれで違う。それはそれぞれのやり方が違うだけでなく役割が違うからだと感じる。


子供に対しても。子供を同じように笑わせるでもお笑いのように笑わせる人もいれば自然とそこで起こることで笑わせることができる人もいる。


それぞれのやり方。それでいいのだと最近は思う。それを無理に人の真似をしようとするとどっかに歪みが出てその反動でおかしなことになったりする。


もし、子供が遊ぼうと誘ってきたら「だるい」とか「めんどくさい」と言わずに心を前向きに「一緒に遊ぼう」と前のめりに動いてみたらどうだろうと思う。


得意不得意ではなく、「今まで」を捨てたら面白いことに知らないことにいっぱい気づけると思う。


私のできることはそこなのだと思う。


「想いをカタチに」以前も言ったけどそれが私の生きるテーマだと感じる。


だから、今日そのチャンスがあるならそこで笑顔で「やろう」が言えるように。できるように。その瞬間瞬間を大切に向き合っていくことがこれからの大きな変化となる。


このお盆休みはそのブレーキを外すことにしていく。


子供のブレーキはきっかけがあればどんどん外せるのに大人ってなかなか外せない。


人生楽しんだもん勝ちでしょ!