マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

グランウディングとストレッチとプランク生活

三日前から再開した。ストレッチとプランク


グラウンディングは、毎日続けていた。体型の維持はもちろんなのだけど、これからは体力をつけてより健康体でいることがベストと指導もあり、自分もそう感じているからということもある。


今の体重は66kg。これが今感じるベストな状態。特に違和感はなくどちらかというと快調と感じることが多い。


今は、ロードバイクを乗ることが減ってはいるものの階段の乗り降りでもプランクでも息切れはなく、難なくこなせる。


もちろん、筋肉の張りは残ることもあるけど、問題ない。


以前、シックスパックを作るぞ!なんて言っていたけどそれももう一度やってみようかななんて思ったり。


ガチガチの筋肉というよりはしなやかに動く体を目指していきたい。


過去はムッキムキの筋肉体型に憧れた時もあったけど今は、いかにしなやかに動く体の方が理想かよくわかる。怪我や故障が少なくなる。


自分には、それが似合っている。






f:id:happymoney1031:20190824091937j:plain
昨日、9月22日のイベントの全体ミーティングが行われた。


私は同じ方向にばかり協力してくれることが一番だとは思っていたけど、よく考えれば参加者一人一人が楽しめることが一番だと思う。


それに私がやりたいことに賛同して協力している人もいる。考えは人それぞれでいい。そんなにガチガチに方向を決めなくていい。


ただ、誰かが背負いこむことだけはしない。誰かだけがずっと動き続ける必要もない。


できる人、動ける人がともに作り上げていけばいい。


やはり知名度なのか、ターゲットがイマイチ絞れていないのか。なかなか参加者が増えない。価値ある場所にイベントにしていきたい。


こんな時。仲間の存在は大きい。一人では無理でも仲間がいることは大きい。少しずつ拡散していくだけでもありがたいことだ。


成功というよりは、イベント終了後みんなが笑顔で迎えられたら嬉しい。









病院はいまだに、イベント参加NGを出している。理由は、何かがあってからでは遅いということ。最悪の場合を想定しているからこそ。


現場が何より好きな自分としては、どうやってこれを覆していけるのか。それもあるのかもしれない。今回のプランクやストレッチ。


自分の体と心を信じることだけ。イベントに関してやりたいこともある。続けていくことがまずは近道なんだと思う。


何をしたいかも大切だけど何を続けてどんなゴールを望むのか。


このイベントに期待をする人も実はいる。どのくらいかはわからないけど。変わるチャンスが今そこのある。