マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

想いをデザインし、カタチにして伝える

仕事も社会課題に向けて取り組むのも大切なことでは?と感じて


自分の仕事の振り返りをしてみました。


自分は、仕事としてどんなことをしていきたいのか…


自分にしかできないことはあるのか。


そんなことを考えながら、静岡の空を眺めた。


今日は、自分の中で学ぶ時間として一人考えては「なぜ?」を書き出しては、眺めてみてました。


私が思う考えを書き出してみてるので、実際のところはわからないです。


今の段階では。


それでいいんです、今日のところは。


そんなことを考えながら、自分のしたいことを書き出して


仕事って、お金稼ぐことも大切だけどそれ以外にできることはあるはずといろいろなことをイメージする。


「子どもたちに伝えていけること」


そんなことを考えていると、今お仕事をさせていただいているハンコ屋さんの


書体に考えが立ち止まる。


なんかできないかなと考えて、


あーいいかも!とその字と子どもが思うイメージをつけたらどうなるかなって。


字はこんな感じ。

印相体という字体。


その半分に子どもたちの好きなこととかを描いたらどうかなって…


そんなことを思いながら、これからを考えてみました。


https://gdproduction.com