マサッチ@四十歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

タイトルなしがタイトル・・・。

今日は、投薬&検査の日。こんな生活も慣れてきた。


毎週金曜日は・・・って感じで。


今朝のグラウンディング、ストレッチ、プランクを無事終えて水を飲む。腹筋割りたいなってまた思ったりして呟くと胸筋も・・・とコメントが届いたりする。


「自分はひとりではない」ということ。いつも誰かが私を支え、いつも誰かの私が支えとなっている。それが人間関係なんだと最近は常々感じる。


病気のことだって、ひとりで考え込んでいたら「死」を選んでいただろう。


ただ、みんなに伝えたいのは病は私の中から消えるということ。いつかはわからないけど。だから悲観しないでほしい。今も生きている。


私と一緒に笑い、楽しみ、泣き、・・・当たり前の感情を当たり前にできる人がいる。それが幸せものなんだ俺と感じる。







今朝は5時半までしっかり寝れた。






心が穏やかで安心した状態だとぐっすり寝れるんだと感じた。


この1年自分は南アルプス市で自分のやりたいことを見つけるためにいろいろな壁にぶち当たったり逃げ回ったりしてきたんだと思う。


何年かけても得られないくらいの経験を1年でしている気がする。それだけ毎日が濃く、毎日が波乱万丈。


今の私を見ている人は、昔は姉に隠れた人見知りの恥ずかしがり屋など知らないだろうけど、いつだって人は変わることができることを伝えていけたらなと思う。


自分が必要ともしされたいのであれば、悩みを打ち明けたり、今思うことを心から取り出してノートに書いたっていいと思う。


その繰り返しが自分のためだけでなく、いつかその悩みから解放された時。その経験が誰かのまた支えとなる。


私は、それを多く学んだ。そしてこれからも学ぶ。


昨日の朝はすごく落ち込んでいたいけど、それを救って前に進めませてくれたのも人の力だった。思うことは伝えた方がいい。そこで傷を負ったとしても。必ずあの時言ってよかったとなると思うから。


「言わなくてもわかっているでしょ」なんて期待して悶々としているより言って小さな一歩を歩き出した方がいい。自分の感情など他人には見えない。


だからこそ、気持ちは隠すのではなく、外に出してみてほしい。人の迷惑になるなどと考える前にまずは出してみる。







実は、このブログ。意外と読んでいる人が多いことに最近は驚いている。


それだけ多くの人が支えているのだと実感しています。