マサッチ@41歳の等身大フリーランス

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

本当に届けたい人へ届けてこそのプロジェクト

昨日の記事でいくつかメッセージをいただいた。
blog.masanchi.com


「うちの自転車をどうぞ」ってメッセージはすごくありがたい。


自転車が集まったらどんな人に届けたいのか。基本的な基準を設けていないので早急に作る必要が出てきた。


それと同時に自転車だけでなく「晴れ着」のレンタルなんかあったらいいなという意見もありました。


そうだよね。子どもって成長早いから、せっかく買っても翌年には着れないこともある。


ちなみに、譲っていただいた自転車にしても服にしても中古という扱いなのでそれをレンタルする場合は、古物の資格だけあればいいようだ。


間違ってたら教えてください。


自転車は出来る限り譲っていただいてから短い期間で受け取り手を探すことは可能な気がするけど、晴れ着などは保管をしっかりと考えなくてはならない。


そして、人が動くことへの対価も。誰かが無償ならまた違う誰かは支援などに回ってもらうことが必要となるし・・・


うーん、どうしたら良いのか。作戦会議などを繰り返していくしかない。


出来ることを少しずつクリアしながら進めよう。


近々、ホームページにアップしよう。色々。


まちづくりMossaworks | 想いを具現化していくNPO法人