マサッチ@2020年

南アルプス市の山間部に移住。田舎で稼ぐビジネスモデルをコンセプトに日々奮闘中。


スポンサードリンク

心の声、身体の声…

最近は、ひとの話を聞く機会が増えました。


講座などの参加によって「声」の重要性を知ったからということもあります。


また、アドバイスを受けることも増えました。


可能性を大きく左右されるものの一つではあると考えてます。


ただ、アドバイスからしっかり自分に合ったアプローチ方法も考えて行うように今は、心掛けています。


自分に合わないことを続けると不協和音となりガタガタと軸から脆く壊れてしまう経験もしたからです。





「声」について…


人から聞く「声」…相談事、アドバイス、雑談などありますが、特に今は相談事が多くなりました。


そしてこの「声」は、なかなか伝わってほしいひとに伝わらないという現実も多いとわかりました。


そして、「声」を聞いていると多くの人は、今まで心の奥底にしまっていた不満や願いなどに気づくようになっていくように思いました。


今までは、これでいいと納得していたことは、実は不満だったけど我慢していたり、そしてまたこんなことしたいってよく思っていたんだと気づいたりもしていくようです。





人の心の中にある「声」って一度外に取り出すことが大切なのかなーと最近は、特に思います。


外に取り出すって言い方は、良いかわからないけど取り出すことで「本音」を見つけ、そこに向き合うことで今後どうしたら、本来の自分らしさに近づくことが可能かがまた、見えてくるようです。


もちろん、今までの行動も変わることから慣れるまで苦しかったり、途中で挫折してしまいそうになったりと楽ではないのですが、定期的に話をしたことで少しずつ前に進むことが私からもその様子が見えています。


そして、心の「声」って大切にすると身体の「声」にも影響を与えるようで何が身体に良いのか、また心に良いのかと自分の中で理解して行動をする人もいました。


私は、最近この「声」にすごく興味があります。


その「声」の出し方一つで周りへの影響もあるとわかりました。


その影響を含めて試したいことも見つかりました。


一番わかるのは、仕事かなと考えたので今日から実行していきます。


何をするの?具体的には?と聞かれますがそれは、あえて言わずこの一年試して結果が出せたらいいなと思ってます。


話を聞くことが苦手な私でも「声」を聞き、その人の行きたい方向へ私が導くのではなく、本人自らが歩き始めるのを見ると私も嬉しいということがわかったし、役に立っているのだと感じます。


そんなことを思うと、いつも私の「声」を聞いてくれた友人たちのことを思い出します。


ありがとうという感謝で笑顔になっていきます。


もっと、そんな人が増えたらいいなと思う今朝でした。